小型船舶免許証
(海技免状)
の全般について

PC用ページへ移動

新しい小型船舶の
免許制度

   法改正により平成15年6月1日より、小型船舶の免許制度が次の通り変わりました。
 更に平成16年11月1日より「5トン限定」が廃止され、旧制度1〜5級の小型船舶の
 海技免状で20トンまでの船舶の操縦ができるようになりました。

(1)  適用法律
   適用法律が「船舶職員法」から「船舶職員及び小型船舶操縦者法」に
   名称を変え、その内容も大型船舶の職員と小型船舶の操縦者に
   区分されます。

(2)  小型船舶の区分
   従来の1〜5級小型船舶の免許区分が、ボート・ヨット用の「1級小型」、
「2級小型」と水上オートバイ用の「特殊小型」の3区分に再編成されます。
(3)  免許の名称等
   「海技免状」から「小型船舶操縦免許証」へと名称が変わり、住所も
   記載されます。
(4) その他の改正点
   小型船舶の船長の遵守義務として、酒酔い操縦等の禁止、水上オート
   バイの免許者自己操縦、危険操縦の禁止、救命胴衣の着用義務、
   発航前の検査、見張りの実施、事故時の対応などが規定されました。
   その他、違反点数による行政処分(免許停止等)があります。

その他の詳細は、国土交通省のホームページ等でご確認下さい。

小型船舶免許証の訂正

小型船舶免許証)の登録事項(氏名、住所、本籍、生年月日)に訂正が必要な方は、 下記必要書類をそろえて運輸局へ申請することにより、訂正した新しい免許証の交付を受けることができます。 更新・失効再交付の申請時に同時に訂正申請することが可能です。

また、更新期間に入る前に訂正が必要な方は、訂正申請のみを行います。 当事務所では、全国どこからの訂正申請のご依頼でもお受けしますので、当事務所へ下記書類・料金を送付して手続きをご依頼下さい。 (同一都道府県内での本籍変更については訂正不要です。)


必要書類等


a) 申請書及び
委任状
用紙は当サイトからダウンロード、あるいは任意の用紙に必要事項を記入の上、押印してください。
b)写真1枚4.5 × 3.5 cm、裏面に氏名を記入してください。
c)氏名訂正 本籍記載のある住民票
 
住所訂正
本籍訂正
  生年月日
d)  船舶免許証  
e)料金 4,000円収入印紙代 1、250円、書留郵送料、申請代行手数料等のすべてを含みます。

事前に下記1または2の口座へお振り込み下さい。

1.郵便振替 口座番号00160-7-575928
  加入者名 土倉英郎

2.銀行振込 三井住友銀行 横浜支店 
  普通 6834653 土倉英郎(ツチクラ ヒデオ)



小型船舶免許証
(海技免状)の滅失
(紛失、盗難など)による
再交付申請

小型船舶免許証(海技免状)を紛失、盗難、流失、焼失等でなくしてしまった方でも、運輸局のコンピュータに登録されているデータにより、小型船舶免許証(海技免状)の内容を確認することができます。 従って、この確認後に更新講習、失効講習を受講して免許証の再交付を受けることが可能です。

また、更新期間に入る前の方の場合には講習会の受講を必要とせず、免許証の再交付申請のみを行うことが可能です。 免許証(海技免状)の番号、有効期限を調べますので、氏名(ふりがな)、生年月日、免状交付時の本籍(都道府県名のみ)を当事務所へお知らせ下さい。

なお、更新期間前の滅失等による再交付のみの申請は、 当事務所が直接ご本人にお会いして本人確認を行うことによって再交付申請ができるごく一部地域の方を除いては、 ご本人による運輸局への申請となりますので、この場合には申請書類は当事務所からお送りします。 詳しくはお申し込みのまえにTELにてお問い合わせ下さい。


必要書類等


a)申請書及び委任状 用紙は当サイトからダウンロード、あるいは任意の用紙に必要事項を記入の上、押印してください。
b)写真1枚4.5×3.5 cm、裏面に氏名を記入してください。
c)本籍記載のある住民票
d)滅失のてんまつ書(滅失届出書)所定の用紙に紛失の状況など必要事項を記入。用紙は当事務所にあります。
e)本人確認書類自動車運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなどの写真付き証明書のコピー1点(原本提示も必要です)
海事代理士が代理申請する場合は上記証明書2点が必要です。詳しくは当事務所へお問い合わせ下さい。
e)料金 4,000円収入印紙代 1,250円、書留郵送料、申請手数料等のすべてを含みます。

事前に下記1または2の口座へお振り込み下さい。

1.郵便振替 口座番号00160-7-575928
         加入者名 土倉英郎

2.銀行振込 三井住友銀行 横浜支店
       普通6834653 土倉英郎(ツチクラ ヒデオ)


※本人確認のため出張等の手数を要した場合は別途料金が必要です。

大型船舶(1〜6級の海技士、航海、機関)の海技免状

大型船舶の海技免状についての更新・失効講習会は、当事務所では取り扱っておりませんので、 講習会の必要な方は
横浜海技専門学院 (TEL.045-623-6804)へお問い合わせ下さい。


小型船舶免許証の更新時期および講習会案内の通知制度

多くの方が小型船舶免許証の有効期限の接近・到来に気づかず、あるいは講習会の実施状況がわからないなどの理由で、 意に反して失効させてしまっており、更新期間内に何らかの通知がほしかったと悔やんでおります。 また情報不足のために、多くの方が非常に遠方まで更新講習の受講に出かけております。

このような不都合を解消するため、当事務所では小型船舶免許証有効期限を登録いただいた方には、更新期間に入りましたら各地講習会の案内をお送りする通知制度を設けております。 現在この制度は、関東およびその隣接地域の方に限らせていただいております。 登録料は不要ですので、多くの方の登録をお待ちしております。

登録の方法は当事務所へ氏名、住所、海技免状の番号、有効期限をお知らせ下さるのみで結構です。(郵便、TEL、FAXにて)